不動産の賃貸にかかるお金って?

家やマンション、土地等の不動産の賃貸物件を借りる際にかかるお金ですが、細かく分類するとさまざまなお金が必要になります。

 

【契約時に必要なお金】

1)仲介手数料
賃貸契約をする際に不動産会社に支払う仲介手数料です。
2)敷金礼金
不動産の所有者(大家)に支払う保証金(敷金)と礼金です。
これも契約時に支払いますが、中には敷金礼金が不要な物件もあります。

【入居後に必要なお金】

1)家賃
毎月の家賃です。
2)共益費、管理費
不動産賃貸物件の掃除や居住者の共同施設の修理、警備等のセキュリティ関連費用等です。
セキュリティ面で管理人が常駐したり見回り等が入る場合は、管理人に対する報酬も必要になります。
3)駐車場代
車がある場合は駐車場代が毎月かかります。
4)修繕積立金
定期的、または将来の補修、修繕費用として積み立てるお金です。ただ、通常は賃貸物件にはない場合が多いです。

【契約更新時に必要お金】

1)更新料、更新手数料
不動産の賃貸契約を延長する場合に支払います。通常、1年から3年ごとに支払います。

【退去時に支払うお金】

1)修繕費用等
退去時に部屋の修繕や原状回復のためにかかる費用です。
壁紙の張り替えや床の修繕、設備の修理費用等です。
通常は、敷金の中から支払われますが、足りない場合は追加で徴収される場合がありますので注意します。

以上のように、不動産の賃貸物件を借りる際に必要なお金をざっと書きましたが、たくさんのお金が必要になってきますので、あらかじめどれくらい必要になるかを家賃とともに把握しておきましょう。

不動産賃貸の敷金礼金について

不動産契約時の敷金と礼金について

不動産の敷金礼金

賃貸物件(アパート、マンション、一軒家などの不動産)を借りる際には通常、敷金礼金が必要になってきます。

この敷金、礼金っていったいどうゆうものでしょうか?
帰ってくるの?帰ってこないの?

不動産賃貸に詳しくない人はあまりよくわかっていいな人もいるかと思いますので、ごく簡単にですが説明しておきます。

敷金

敷金は借りる人が家賃含めて賃貸契約を結ぶ際に、大家さん側に担保のような形で支払うお金です。

退去する際に、特に修繕等が必要なければ(キレイに使っていれば)契約上は帰ってくるお金です。
ただ、家賃の支払いが滞っていたり、リフォームや修繕が必要な場合は、敷金をそのお金として使います。

例えば、畳が痛んでいたり、他の設備が壊れていたりした場合はそこから支払われるので、たいていの場合全額戻ってくるということは少ないですね。

最近では、この敷金がない物件というのもあるのでそういった物件を探すというのも一つの手です。

礼金

礼金は、敷金と同じく契約時に支払うものですが、敷金とは性質が違います。

礼金は、名前通りお礼のお金みたいな感じで、大家さんに支払うお金になるので基本的には戻ってきません。
なので、敷金は保証金なので、修理、修繕がなければいくらか戻る、礼金は戻ってこない、といふうに覚えておきましょう。

このように、不動産の賃貸契約をする際、敷金・礼金といった2種類のお金が必要になりますが、物件の家賃によっては、この敷金礼金で30万円を超える場合も出てきます。

ただ、最近は敷金礼金ともになし、という物件もなかにはあるので根気よく探してみてもいいかもしれません。

結構このお金は大きいので費用を抑えたい人は覚えておきましょう。

また、その他に、不動産屋に支払う仲介手数料が必要になります。
仲介手数料は通常家賃の1ヶ月分程度であることが多いです。

なので、敷金礼金とこの手数料の合計で30万とか50万とかいってしまう場合もあるので注意しておきましょう。

敷金返還トラブルについてはこちら

賃貸の更新料ってどうなってるの?

更新の期間と金額に注意!

賃貸物件を借りる際の費用面で注意しておかなければいけない項目として、更新料があります。

この更新料は、通常2年とか3年を区切りとして、継続して居住する場合、つまり賃貸契約を更新する場合に必要となる費用のことです。

ちょっと誤解しがちなのが、更新料とは別に不動産屋に支払う更新手数料というったものも必要になってきます。
よくその二つを一緒くたにして「更新料」と呼んでしまうことも多いのですが、厳密には分かれていることを理解しておきましょう。

更新手数料は、契約満期の更新手続きの際に、不動産業者が新しく契約書を作るのですがその際に不動産屋に手数料として支払う料金です。

話は戻りますが、この更新料は結構バカにならず、賃貸物件のデメリットとも言えると思います。
更新料は家賃の1カ月分だったり2カ月分だったり、また、一律で10万とか20万円とか設定されていたりします。

例えば、家賃が7万5000円で、更新料が2カ月分の場合は、15万円ですね。
結構な額なのでこれが2年ごとにくるとなると痛いです。

中には悪徳不動産屋もあって、この更新期間を1年とか短く設定している業者もいますので注意しましょう。

また、賃貸物件によっては、更新料が不要な物件もありますので、費用を抑えたい場合は、そう言った更新料無しのアパートやマンション(不動産物件)を探すというのもポイントの一つです。

その場合は、不動産屋に物件を探してもらうときに、「賃貸更新料がない物件が希望です」と伝えるようにしましょう。
まぁ、そう言った条件をつければその分、物件選択の幅は狭まることは否めないので、その辺は自分たちのお財布事情とアパートやマンションに対する要求事項のバランスをとって決めるのがいいかと思います。

物件を案内してもらうときの注意点

マナーをもって接しましょう

土地や家、アパート等の物件を案内してもらとき(それが購入であっても賃貸であっても)の注意点ですが、できるだけ控えめにマナーを守った態度で接するように気をつけましょう。

中には、借りてやるんだからさっさと見せろ的な大柄な態度をとる人もいるようですが、そうなると不動産屋の担当者も嫌気がさして、こんな人には良い物件は紹介したくないな、という感じになってしまいます。

貸す側も借りての態度やマナーをしっかり見ていることを忘れないようにしましょう。

また、実際に物件を見て回るときですが、たいていの場合、不動産屋の担当者も一緒について回ると思いますが、その際にも注意点があります。

借りる側としてああっちもこっちもくまなく見て回りたいところですが、まずは不動産屋に任せて全体の案内をしてもらいましょう。それから、細かいところを自由に見てもいいかといった話をして了解を得てから収納等も含めてくまなく見ると印象も良いですね。

それから案外見落としがちなのが履いていく靴の種類です。できるだけ脱ぎやすく履きやすい靴がいいですね。
例えば、ブーツなんかを履いていくと、いちいち脱いだり履いたりするのに時間がかかって相手を待たせたりするのであまりよくありません。

また、脱いだ靴をきちんと整えることも相手に好印象を与えるポイントです。

不動産屋は結構細かいところを見てますので、靴の脱ぎ方一つで、このお客さんはきれいに物件を使ってくれそうだな、とか逆に、この人に貸したら結構荒らされそうだな、といったことを考えてたりします。。。

まあ、ちょっと細かいポイントというか、実際の物件の良し悪しを見分ける注意点ではないですが、マナーとして気をつけるべきことをまとめてみました。

良い賃貸の見つけ方

chintai01
良い賃貸マンションやアパートなどの物件の見つけ方ですが、例えば、誰もが住みたいような人気物件というのは以外と広告などには出なかったりします。

なぜかわかりますか?

理由は簡単です。

なぜなら、そういった人気物件というのは、あえて広告を出さなくてもすぐに借り手が見つかるからです。
わざわざ経費をかけて広告を出す必要がないんですね。

ということは、良い物件というのは、広告をみて見つけるのが以外と難しそうな気がしますよね。
じゃあ、どうすればいいか?ってことですが、不動産屋に直接行くのが手っ取り早いです。

店頭で、広告に出す前の新しい物件を紹介してくれることがあります。
ただ、最近はインターネットの自社ホームページや賃貸物件サイトにすぐに掲載する流れもできていますから、たいていの物件はインターネットを見ると把握できるというのも事実です。

他にも、新聞折り込み広告や賃貸情報誌等もありますが、一番早いのはインターネットだと思いますので、ネットを見られる環境があるのであれば、インターネットでまずは目星をつけるというのも良いでしょうね。
それで良い物件があれば、実際にその不動産屋に連絡をとります。

そこで、すでに借り手が見つかってしまっている場合は、その他にオススメの物件がないかを問い合わせるといいでしょう。

また、不動産屋と言っても大手の不動産屋もあれば、中小の不動産屋もありますが、一番重要なのは、その地域、地方に密着して精通しているか?という点です。

また、不動産屋は1件だけでなく複数のお店を回ったり問い合わせたりしたほうが良い物件が見つかる確率が高まりますので、面倒くさがらずに根気よく不動産屋をあたってみましょう。

実際に問い合わせたり不動産屋に出向くときの注意点ですが、借りてやるという態度ではなく、歩い程度礼儀正しく接するのが大事なポイントです。

やはり、不動産屋も人間ですから、態度が悪かったり印象が悪いお客さんには貸したり売ったりしたくないものです。